Topics
    検証環境(テストドライブセンター)
    Menu

    Intel 最新CPU 「Xeon Skylake-SP」 テストドライブセンター

    概要

    Intel 最新CPU 「Xeon Skylake-SP」 テストドライブセンター開設!!

    VTは、2017年7月に発表された Intelの最新CPU 「Xeon Skylake-SP」を検証するための 「Xeon Skylake-SP」テストドライブセンターを開設しました。 Xeon Skylake-SPは、メモリチャネル本数が従来の4本から6本に増強されているのが特徴です。メモリバンド幅の制約による性能律速にお悩みの方、コストパフォーマンスをさらによくしたい、とお考えの方など是非ご利用ください。

    ご利用環境
    Aシステム(2ノード)
    ・CPU:Xeon Platinum 8170 CPU @ 2.10GHz 26c x 2
    ・MEM:192GB / node (DDR4-2666)
    ・インターコネクト:Intel Omni-Path(100Gb/s)で直結

    Bシステム(2ノード)
    ・CPU:Xeon Gold 6140 CPU @ 2.30GHz 18c x 2
    ・MEM:192GB / node (DDR4-2666)
    ・インターコネクト:Intel Omni-Path(100Gb/s)で直結

    無料でお試し
    Intel 最新CPU「Xeon Skylake-SP」テストドライブセンターは無料でお試しが可能です。ご利用期間は原則5営業日とさせていただきますが、お客様のご希望にあわせることも可能です。

    OS等プリインストール
    検証機には、OS(CentOS7)、Compiler(Intel/Gnu)、MPIライブラリ(OpenMPI)などをプリインストール。その場ですぐに使う事が可能です。

    利用の仕方が選べます
    インターネット経由sshログインしてご利用する方法、Xeon Skylake-SPテストドライブセンター(東京・浅草橋)に来訪頂きご利用する方法が選択できます。VTテストドライブセンターには専用のテストドライブルームをご用意しております。

    マシン無償貸出もあります
    お客様社内でのご利用をご希望の方には、検証機を無償でお貸出します(但し、運送料実費はお客様にてご負担ください)。

     

    • CPU当たり最大 28個 の演算コアを実装
    • Last Level Cache 最大 38.5MB
    • メモリチャンネル数最大 6 / CPU
    • メモリ動作周波数 2666MHz に対応
    • 拡張命令セット Intel® AVX512搭載
    • Intel® UPIによるCPU間接続最大 10.4GT/s
    • 浮動小数点乗算除算レイテンシの削減
    • PCI Express Generation 3.0は48レーン / CPU
     仕様一覧