Topics
    イベント情報
    Menu

    第31回数値流体力学シンポジウム(CFD2017)に出展します。

    2017年12月07日


    最先端NGSFF(Next Generation Small Form Factor)規格のNVMe SSDホットスワップドライブをサポート、1U筐体フロントベイに36台搭載可能なオールフラッシュストレージ(ファイルサーバ)製品展示します。

    弊社は、日本流体力学会 第31回数値流体力学シンポジウム CFD2017に協賛し、会場内の企業展示ブースにて製品を出展します。

    日本流体力学会 第31回数値流体力学シンポジウム CFD2017
    期間:平成29年12月12日(火)~ 12月14日(木)
    場所:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 
       (京都市左京区松ヶ崎橋上町)

     弊社ブースでは、1Uラックマウント筐体にホットスワップ可能な36台の最先端NVMe SSDを搭載、最新Intel® Xeon® プロセッサ スケーラブル ファミリー “Skylake-SP”を最大2基搭載、動作周波数:2666MHzのECC DDR4メモリを最大24枚搭載、省スペース、高速データの読み書きに必要なI/O性能及び低レイテンシを実現したオールフラッシュストレージ(ファイルサーバ)製品を展示します。

     また、クラスター環境構築に必須とされている高速インターコネクトに最適なIntel® Omni-Pathアーキテクチャー関連製品も展示します。