Topics
    イベント情報
    Menu

    第7回アジアにおける計算熱伝達と流体の流れに関するシンポジウム -2019のオフィシャルスポンサーとして来場(東京理科大葛飾キャンパス)の研究者向けASCHTウェブサイトならびにASCHT講演プログラム集にも弊社広告を掲載。理論、分析、および理論および工学の流体および熱科学における計算方法の応用に最適な弊社製品をご案内します。

    2019年07月29日


    第7回アジアにおける計算熱伝達と流体の流れに関するシンポジウム -2019のオフィシャルスポンサーとして来場の研究者向けにASCHTウェブサイトならびにASCHT講演プログラム集にも弊社広告を掲載。理論、分析、および理論および工学の流体および熱科学における計算方法の応用に最適な弊社製品をご案内します。  

    ビジュアルテクノロジー株式会社

    ■ASCHT(アシュート)2019第7回アジアにおける計算熱伝達と流体の流れに関するシンポジウム 

    開催期間:2019年9月3日 (火)-9月7日(土)
    スケジュール:
    9月3日(火):登録と歓迎レセプション
    9月4日(水) – 6(金):基調講演とテクニカルセッション
    9月7日(土):ラウンドテーブルディスカッション

    会 場:東京理科大学葛飾キャンパス
    住      所:〒125-8585東京都葛飾区新宿6-3-1

    その他、シンポジウムプログラムに弊社製品広告を掲載、更にASCHT(アシュート)2019第7回アジアにおける計算熱伝達と流体の流れに関するシンポジウムのオフィシャルホームページASCHT(アシュート)2019からも弊社ホームページがご覧いただけます。

     

    ASCHT2019シンポジウム開催、解析応援キャンペーン価格
    標準価格¥3,888,000.- (税抜き)が、
    47%OFFの解析応援キャンペーン価格¥2,060,000.- (税抜き)

    * 消費税は納品時のものが適用されます
    * 期間限定(2019年8月30日迄に、弊社受注受け分となります)

    Optaneメモリ対応高性能サーバシステム

    HPC/大容量メモリ、高速ストレージが必要な流体解析用途に最適な構成を選択可能
    【概要】
    ・最新第2世代IntelR XeonR スケーラブル・プロセッサー“Cascade Lake”を最大2基搭載可能
    ・IntelR Optane. DC パーシステント・メモリ搭載可能
    ・動作周波数.2933MHz ECC Reg. DDR4メモリを最大24枚搭載可能
    ・最大24基のSATA、NVMeストレージ搭載可能
    ・ライザー・カード・スロット3基により柔軟な構成が可能
    ・IntelR RAIDモジュール搭載可能

    【大容量(約2TB) メモリ搭載サーバ・キャンペーン実施中】

    CPU             :IntelR XeonR Gold 6244 (3.6GHz,8Core) x 2
    Memory       :384GB (32GB DDR4-2933 Reg. ECC x 12)
    DCP Memory: IntelR Optane. DCPMM 128GB x 12
    System        :480GB 2.5” SSD SATA3
    Data            :1.92TB 2.5” SSD SATA3
    電源             :1300W x 2

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。