Topics
    製品情報
    Menu

    NEC SX-Aurora TSUBASAシリーズ

    性能

    【NEC SX-AuroraTSUBASA CPU性能比較】

    CPU性能比較(理論計算性能

    CPU

    コア性能GFLOPS/core

    CPU性能

    GFLOPS/CPU

    備考

    SX-Aurora TSUBASA (1.6GHz/8core)

    1.6GHzx192

    = 307.2

    × 8core

    = 2457

    ベクトル命令セット/cycle⇒32

    (64bitが32個)

    FMA演算器=>3

    FMA (Fused Multiply-Add:+,*が同時実行可) =>2

    ⇒⇒32 × 3× 2=192

    Intel Xeon Gold

    6126

    (2.6GHz/12core)

    1.7GHz × 32

    = 54.4

    × 12core

    = 652.8

    AVX512=>8 (=512/64)

    FMA演算器=>2

    FMA (Fused Multiply-Add:+,*が同時実行可) =>2

    ⇒⇒8x2x2=32

    ※AVX利用時周波数

    Intel Xeon Platinum

     8180

    (2.5GHz/28core)

    1.7GHz × 32

    = 54.4

    × 28core

    = 1740.8

    Intel Core i7 8700K

    Coffee Lake

    (3.7GHz/6core)

     

    3.7GHz × 16

    = 59.2

    × 6core

    = 355.2

    AVX2

    ⇒⇒16

     

    AMD EPYC 7451

    Napoli

    (2.3GHz/24core)

     

    2.3GHz ×16

    =36.8

    × 24core

    =883.2

    AVX2

    ⇒⇒16

     

    NVIDIA Tesla V100

    (1.53GHz/2560core)

    1.53GHz ×2

    =3.06

    × 2560core

    =7833

    GPU

    AVXといったベクトル拡張命令セットなし

    浮動少数演算コア数が2560

    SPARC64TM (VIIIfx)

    (2GHz/8core)

     

    2GHz × 8

    =16.0

    × 8core

    = 128

    「京」のCPU

    SIMD拡張(積和演算器2個 x 2セット

    ⇒⇒2x2x2=8

     

    【ベクトル命令の動作イメージ】

    • ベクトル長が長い (64bit x 256要素) ※AVX512は(64bit x  8要素)

     参照:日本電気株式会社新ベクトルスーパーコンピュータ NEC SX-AuroraTSUBASAのご紹介https://www.pccluster.org/ja/event/2017/12/pcccSymp17_nec.pdf

     

    • メモリ帯域が広い(2TB/s)

    最大メモリバンド幅

    1CPU当たり、AMD EPYC 170.4GB/s、Xeon Scalable Processors (Skylake-SP) 127.8 GB/s、

    DualCPUで0.25TB/s程度

    これも新開発の技術、NEC Auroraベクトルエンジンが高性能であることの要因です。

     

    【利便性が良い】

    • Fortran、C、C++といった一般的な言語でプログラム開発が可能

    NVIDIA GPGPU はCUDAプログラミングが必要、
    最適化されたコンパイラとMPI、数値演算ライブラリを提供。
    NEC Numeric Library Collection
    BLAS、FFT、FFTW、LAPACK、ScaLAPACK
    ツール類:NEC Ftrace Viewer:性能解析ツール、NEC Parallel Debugger:並列デバッガ

     

    • ホスト側はLinuxOS(Red Hat Enterprise Linux)採用

    Infinibandなどや、HPC分野で標準的な周辺機器が利用可能。アプリケーションは、VE内で実行されます。
    参照:日本電気株式会社 日本語のドキュメントhttps://github.com/SX-Aurora

     

    ビジュアルテクノロジーは1994年設立以来、あらゆる業種・業界のお客さまに高性能で使いやすいプラットフォームをご提案しております。

     

     

    SX-Aurora TSUBASA vector engine

    蓄積される年々のデータの量は大幅に増加し、また高精度化、複雑化しています。それらを使ってシミュレーションをするだけでなく、分析・解析するための圧倒的な高性能のプラットフォームが求められています。

    「利用者負担を軽減させる使いやすいハード・ソフトウェア環境」「アプリケーションを高速・最適に実行させる高い性能」「規模を問わないさまざまな用途に向けた豊富なラインアップ」などを特徴とするSX-Aurora TSUBASAは、

    Ⅰ:いつでも自由にスーパーコンピュータを使える。

    Ⅱ:お手元で演算のトライ・アンド・エラーが可能となり、研究の演算工程が大幅に短縮される。

    その結果、現象理解や考察など、より創造的な研究・開発活動に時間をかけることが可能になります。NEC SX-Aurora Tsubasa見積り価格、HPCシステムのキッティングその他お気軽にビジュアルテクノロジー株式会社へお問い合わせ下さい。