Topics
    製品情報
    Menu

    IBM Power System H924 for SAP HANA(POWER9 スケールアウトサーバ)

    SAP HANA on POWER9 特長

    インメモリデータベース「SAP HANA」向けに、最大4TBメモリ搭載を実現した SAP HANA on POWER9 スケールアウトサーバファミリー。大容量メモリに加えて、豊富なメモリ帯域が SAP HANA の快適な稼動を実現します。

     

    最大4TBメモリ搭載可能

    SAP HANA on POWER9 スケールアウトサーバファミリーは、ソケットあたり8本のメモリチャネルを有しております。1チャネルあたり2バンクまでサポートしていますので、メモリスロットは32個搭載されています。メモリはDDR4メモリでソケットにダイレクトに接続されます。

     

    最大340.8GB/sのメモリバンド幅

    SAP HANA on POWER9 スケールアウトサーバファミリーは、システムあたり最大 340.8GB/s のメモリバンド幅を有します。大容量メモリに加えて、広帯域メモリバンド幅によりSAP HANA の快適な稼動を実現します。

    ※4TBメモリ構成のとき、帯域幅はソケットあたり 136GB/s、システムあたり 272GB/sとなります。

     

    強力なPOWER9チップ

    もともとはSAP HANAが動作するCPUチップの選択肢は、POWERだけしかありませんでした。 POWER9チップがリリースされてすぐさま TDI にて選択が可能になるのは、その裏づけともいえます。

    SAP HANA on POWER9 スケールアウトサーバファミリーで提供されるIBM POWER9プロセッサは、8スレッドSMTの「SMT8 Core」(下図破線枠内)です。