Topics
    製品情報
    Menu

    ディープラーニング用IBM POWER9 サーバー

    概要

    IBM POWER9 + PowerAIをVTの技術力でアプライアンス化

    IBM Power System AC922(IBM POWER9) と IBM PowerAI(IBM POWER9に最適化されたコンパイル済みの主要なディープラーニングフレームワークパッケージ)ならびにIBM PowerAI Vision(すぐに使えるディープラーニング画像分類・物体検知アプリケーション)を、創業から約25年にわたるHPC High Performance Computing(HPC)のビジュアルテクノロジー社ならではの専門技術力によりIBM POWER9ディープラーニングアプライアンスに仕立て上げました。

     

    IBM Power Systems AC922(IBM POWER9)概要

    IBM Power System AC922(IBM POWER9)とMinskyとの価格性能比

    IBM Power System AC922(IBM POWER9) の IBM Power System S822LC for HPC(Minsky) との価格性能比です。

    • NVLink:600GB/s(約2倍)

    • PCIe:384GB/s(3倍)

    • メモリBW:340GB/s(1.5倍) 

    • 標準価格比:1.03倍(Minskyを1とした時の最小価格比) 

    IBM Power System AC922(IBM POWER9)独自のアクセラレータ・アタッチバスの実装

    IBM Power System AC922(IBM POWER9)は、業界ではじめてPCIe Gen4をサポートしました。このPCIe Gen4のサポートにより AC922ではPCIe Gen4経由でCAPI2.0を接続できるようになりました。さらに帯域幅を高めレイテンシーを短縮した48レーンの25Gb/sアクセラレータ・アタッチバスの実装を採用しました。この25Gb/sのインターコネクトにより、NVLink 2.0だけでなく新しいCAPIをも作動させ、300Gb/sの全二重帯域幅を提供する事が可能になりました。

    (IBM発表資料より抜粋)

    IBM Power Systems AC922(IBM POWER9)は、48レーンの25Gb/sアクセラレータ・アタッチバスを実装することにより、PCIe(Gen4)では成し得ない、より広帯域な性能をお約束します。

    (IBM発表資料より抜粋)