Topics
    製品情報
    Menu

    IBM Minsky ディープラーニングアプライアンス

    概要

    Minsky + PowerAIをVTの技術力でアプライアンス化

    Minsky(IBM Power System S822LC for HPC のコードネーム) と IBM PowerAI(Minskyに最適化されたコンパイル済みの主要なDeep Learning フレームワークパッケージ)を、創業から約25年にわたるHPC High Performance Computingのビジュアルテクノロジー社ならではの専門技術力によりIBM Minsky ディープラーニングアプライアンスに仕立て上げました。

     

    キャンペーン第2弾好評開催中!!

    ご好評により、キャンペーン第2弾を開催中です。前回より価格を下げてよりお求め安くしました!!

     

    IBM Power System S822LC for HPC(Minsky) の概要

    S822LC-NVLink1

    POWERプロセッサとNVIDIA Tesla P100とをNVLinkで結合

    IBM Power System S822LC for HPCは、最大4枚までのNVIDIA Tesla P100を搭載可能。POWER プロセッサとの間はNVLinkで結合し、80GB/秒のバンド幅性能を実現しました。

    IBM Power System S822LC for HPC システム構成図

    IBM Power System S822LC for HPCは、シングルチップモジュール(SCM)から構成されるPOWERプロセッサー 2ソケット搭載モデルです。

    SCMは 4本のメモリチャネルインターフェースを有し、システムとしてMAX 230.4GB/sの広帯域で L4キャッシュに接続されます。システムとしてのMAX L4キャッシュサイズは128GB。L4キャッシュにはDDR4のインターフェースがあり、ひとつのL4キャッシュあたり1600MHz x 4チャネルでDRAMチップに接続されます。

     

    s822lc-nvlink9

    SCMとL4キャッシュ間のMAXメモリバンド幅:   230.4GB/s
    L4キャッシュとDIMM間のMAXメモリバンド幅:   409.6GB/s
    PCIeのMAX I/Oバンド幅:   128GB/s
    POWERプロセッサーとNVIDIA P100間のMAXバンド幅:    320GB/s

     

    IBM Power System S822LC for HPC(Minsky) の特徴

    NVLinkによる CPU⇔GPUバンド幅はPCIe Gen3接続の2.5倍

    POWER8 NVLinkは、従来のPCIe Gen3 接続と比べて2.5倍の帯域幅を実現します。今までにないパフォーマンスで快適なアプリケーション実行環境が実現します。 

    <主な機能・特徴>

    • 2U筐体に2ソケット POWER8プロセッサと最大4枚のTesla P100 “Pascal” NVLink GPUを搭載
    • CPU:GPU NVLinkは、唯一無二の特徴
    • 開発をシンプルに:GPU へのページ移行を伴うシステムメモリーへのアクセスを行う場合、人手によるデータ管理作業することなく、ユーザーは巨大データ・セット(1TB 超でも)の利用が可能に
    • オプションとして水冷モデルも選択可能

    S822LC-NVLink8

     

    CPU⇔GPU NVLinkについて

    従来のGPU同士に加えて、POWERプロセッサも対応可能となりました。PCIe Gen3によるボトルネックで思うように性能を引出せなかったアプリケーションもCPU⇔GPU NVLinkで性能を引出せる選択肢が加わりました。

    S822LC-NVLink5

    IBM Power System S822LC for HPC(Minsky) の仕様

    IBM Power System S822LC for HPC はカスタマイズ可能です。
    ただし、メモリを全スロットに搭載すること、GPGPUとしてTesla P100を2枚または4枚搭載することが必須要件となります。

    IBM Power System S822LC for HPC
    システム構成 モデル 8335-GTB
    プロセッサーとメモリー
    POWER8 プロセッサー 2個の8コア 3.32 GHz POWER8プロセッサー・カード
    2個の10コア 2.92 GHz POWER8プロセッサー・カード
    レベル2 (L2) キャッシュ コア当たり 512KB
    レベル3 (L3) キャッシュ コア当たり 8MB
    レベル4 (L4) キャッシュ ソケット当たり最大64MB
    メモリー (最小/最大) 4GB、8GB、16GB、32GBの1,600MHz DDR4モジュール
    128GBから1TB
    プロセッサーからメモリー
    への帯域幅
    ソケット当たり115GB/秒、システム当たり230GB/秒(チップ→L4)
    ソケット当たり204.8GB/秒、システム当たり409.6GB/秒(L4→DIMM)
    ストレージとI/O
    標準バックプレーン SFFハードディスク(HDD)/ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)ベイ x 2
    メディア・ベイ N/A
    RAIDオプション ソフトウエアRAIDで対応
    アダプター・スロット PCI Express 3.0 スロット x 3:
      PCI Express 3.0 (x16) x 2、
      PCI Express 3.0 (x8) x 1
    PCI Express 4.0:全スロットでCAPIが使用可能
    I/O帯域幅 ソケット当たり 64GB/秒
    GPUアクセラレータ NVLink接続GPU NVIDIA Tesla P100を最大4枚接続可能
    電力、RAS、システム・ソフトウェア、物理的特性、保証
    電源要件 100V~240V (冗長電源)
    可用性(RAS)機能 プロセッサー命令再試行
    選択的な動的ファームウエア更新
    Chipkillメモリー
    ECC L2キャッシュ、L3キャッシュ
    障害モニター搭載のサービス・プロセッサー
    ホットスワップ可能ディスク・ベイ
    ホット・プラグ予備電源機構と冷却ファン(GPU搭載時の電源冗長性なし)
    サイズ 441.5mm (W) x 86mm (H) x 822mm (D) (2U、19インチ・ラック)
    IBM保証+VTサポート IBM:3年間、翌営業日対応CRU(交換部品の送付)・保証サービス(9×5/CRU)
    VT:上記CRUに加え、VTによるオンサイト保守サービス
    VTサポート(オプション)  ・OSの復元サポート  ・運用支援
    エネルギー消費効率 掲載対象外
    ※ エネルギー消費効率とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律 (昭和54年法律第49号、以下「省エネルギー法」という)で定める測定方法により 測定された消費電力を、省エネルギー法で定める複合理論性能で除したものです。 ただし、複合理論性能が200,000MTOPS以上のものについては 省エネルギー法対象外装置であり、掲載のエネルギー消費効率は参考値となります。
    IBM PowerAI
    OS Ubuntu 16.04
    GPU NVLink接続 NVIDIA Tesla P100 x 2 または4
    CUDA 8.0.44
    DL用ライブラリ cuDNN 5.1
    DL用フレームワーク
    (2017年2月3日現在)
    Built w/MASS、OpenBLAS 0.2.19、Caffe 1.0 rc3、NVIDIA Caffe 0.14.5、Chainer 1.18.0、NVIDIA DIGITS V5.0.0-rc.1、Torch 7、Theano 0.8.2、TensorFlow 0.12.0

    IBM保証(CRU)+VTサポートについて
    CRUとは、Customer Replaceable Unit = お客様による交換が可能な部品、の略で、 障害箇所がCRUであると明確になった場合、IBMはお客様交換用のCRUを送付し、ビジュアルテクノロジー(VT)技術員が訪問し部品交換を行います (IBM技術員はお客様サイトへ訪問いたしません。運送費はIBMが負担)。
    障害箇所がCRU以外の場合や特定できない場合は、IBM技術員およびVT技術員が双方連携取り、IBMまたはVT技術員何れかが訪問いたします。
    CRUとの対比でNon_CRU保証もありますが、こちらは障害箇所がCRUの場合でも、IBM技術員またはVT技術員がお客様サイトへ訪問し、部品交換を実施いたします。

    ※製品の仕様・価格・外観等は、改良のため予告なしに変更することがあります。予めご了承ください。
    ※納品時の製品仕様に独自の変更を加えられた場合、弊社ではサポートできかねますことを予めご了承願います。

    ※IBM、IBMロゴ、ibm.com、Easy Tier、Power、POWER、POWER8、Power Systems、およびPowerVMは、 世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点でのIBMの商標リストについては、ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

    Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標です。

    本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。 すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用できるわけではありません。

    本資料の情報は、特定物として現存するままの状態で提供され、商品性の保証、特定目的適合性の保証、 および第三者の権利の不侵害の保証を含む、 すべての明示もしくは黙示の保証責任または保証条件を負わないものとします。 IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。