Topics
    製品情報
    Menu

    IBM Power System S822LC

    概要

    power8lc_seihin

    シングルチップモジュール(SCM)で構成される2ソケットモデル

    最適なHPCシステムを実現して頂くために、「エントリーモデル」「スタンダードモデル」「プレミアムモデル」の3種類をご用意しました。より簡単な導入をご支援するため、全てプリコンフィグモデルでQuick-to-Orderが行えます。最適かつ本格的なHPCシステムが要求される大規模計算向けに IBM Power System S822LC に搭載される豊富なメモリ帯域、大容量のL4キャッシュでお応えします。

     

    IBM Power System S822LC システム構成図

    IBM Power System S822LCは、シングルチップモジュール(SCM)から構成されるPOWERプロセッサー 2ソケット搭載モデルです。

    SCMは 4本のメモリチャネルインターフェースを有し、システムとしてMAX 230.4GB/sの広帯域で L4キャッシュに接続されます。システムとしてのMAX L4キャッシュサイズは128GB。L4キャッシュにはDDR3のインターフェースがあり、ひとつのL4キャッシュあたり1333MHz x 4チャネルでDRAMチップに接続されます。

     

    power8_proc2

    SCMとL4キャッシュ間のMAXメモリバンド幅:   230.4GB/s
    L4キャッシュとDIMM間のMAXメモリバンド幅:   339.2GB/s
    PCIeのMAX I/Oバンド幅:   128GB/s

     

    IBM Power System S822LC メモリ・フィーチャーについて

    IBM Power System S822LC のメモリ・フィーチャーは、「ライザー」+「DIMMs」により構成されます。各メモリ・フィーチャーには L4キャッシュが含まれます。

    power8_memory

     

    メモリ・フィーチャーは、16GB(DDR3-1333 4GB x 4)、32GB(DDR3-1333 8GB x 4)、64GB(DDR3-1333 16GB x 4)、128GB(DDR3-1066 32GB x 4)の4種類あります。