Topics
    検証環境(テストドライブセンター)
    Menu

    IBM POWER8 テストドライブセンター

    お申込み

    ご利用手順


    (1)

    お問合せ・プログラム相談(利用目的の確認、動作環境の事前確認)

    IBM POWER8 テストドライブセンター利用目的の確認および対象プログラム動作環境について、まずご相談させていただきます。 ソースプログラムを対象とし、利用目的にふさわしい動作環境について事前確認を行います。

    ※ プログラム相談を行うにあたり、秘密保持契約が必要な場合その旨お申し出ください

    (2)

    利用申込み

    (1)が確認でき次第、利用申込みを行います。専用の申込みフォームからお申込みください。テストドライブご利用は、インターネット経由および弊社ご来訪の何れから選択可能です。

    (3)

    環境構築

    (2)が確認でき次第、(1)で確認した動作環境を弊社にて構築します。

    (4)

    接続方法等のご案内

    (3)が完了次第、弊社より接続先IP、ユーザID、パスワード等をご案内させて頂きます。

    (5)

    利用開始

    (4)でご案内させて頂きました接続方法に従い、IBM POWER8 テストドライブセンターをご利用いただけます。

    (6)

    利用終了

    プログラムおよびデータ等は、お客様にて抹消していただきます。

    (7)

    性能検証の評価および今後の対策

    弊社SE、必要に応じて IBMのSEを交えて性能検証評価を行います(任意)。

    さらに付け加えて評価結果による今後の対策についてもご提案差し上げます。

    ご利用にあたって

    ご利用期間 初めてご利用された日にちから起算して5営業日

    ※ 5営業日を経過する計算規模になる場合、事前にご相談ください

    費用 無料
    接続方法 インターネット経由SSHまたは弊社にご来訪して接続
    対象プログラム 第3者の権利・著作権等侵害が及ばないプログラム

    ※ 第3者より提訴があった場合、弊社は一切の責任は負いません

    プログラム言語 Fortran, C/C++
    実行環境構築 原則弊社にて構築します (事前確認を行います)
    プログラムのコンパイル お客様にてコンパイルしていただきます
    入力データ お客様にてご用意ください
    ファイル送受信 お客様にてファイル送受信操作ください
    性能結果の公開 原則非公開

    ※プログラム種別によっては性能結果公開を弊社からお願いする場合がございます

    データ等の抹消 原則お客様にて抹消していただきます

    システムご導入にむけた具体的なご相談に応じます!!